ホーム 初めての方へ

初めての方へ

スーパートレーディングスクールREEDとは

スーパートレーディングスクールREED

トレードで成功するためには、トレードに関する様々な知識と技術を身につける必要があります。
しかし、必要でないものや使えないノウハウも蔓延しているもの事実で、このような知識と技術を「体系的に」教えてくれるところは、あまりありません。
スーパートレーディングスクールREEDでは、トレードで安定した利益を目指す方に、必要なノウハウを体系的に学んで頂く為のスクールです。

トレーディングスクールREED 6つのポイント

その1  本格的なトレーダーを目指す方の為のスクールです
トレーディングスクールREEDは、「トレードで安定した利益を確保できる、自立したトレーダーを目指したい」という方の為のスクールです。
現役トレーダー講師による直接指導で、他にはない実践的なスキルを習得して頂くことができます。

その1  初めての方には体験セミナーを開催しています
「どんなことを教えてくれるのか体験してみたい」「初めてなので何から始めればいいのか分からない」という方の為に、定期的に入門セミナーを開催しています。 少人数制なのでお気軽にご参加頂けます。

その1  スキルにあわせた受講プログラムを提供します
トレードを学ぶ上で肝心なことは、膨大な情報の中から何をどの順番で学ぶかにあります。
当スクールでは、個人個人のスキルに合わせた受講プログラムで、実践で必要なことだけを体系的に学んで頂くことができますので、時間を無駄にしません。

その1  再受講は何度でも可能です
トレードのスキルは一度学んだだけではなかなか身に付かないものです。当スクールでは、各講座の受講後は何度でも再受講が可能です。
理解しにくかったところは繰り返し学び、習得して頂くことが成功への第一歩だと考えています。
その他、ご利用の申し込みをして頂くことで、検証ソフト『KENSHIRO-225』をご利用頂くことができます。

その1  受講後は専属トレーナーがサポートを行っています
実マーケットでは「理解はしたけど、実践になるとうまく活用できない」ということがほとんどです。
当スクールでは現役トレーダー講師が、専属トレーナーとして、サポート行っておりますので、受講後に分からないことが出てきた場合でも
安心です。
 ※サポートについて…スクールでのサポートとは、ソフトの使い方やメンタル面でのサポートを指します。
               市場の動向や銘柄の推奨、実践売買注文の指示などは一切行なっておりません。

その1  定期的な交流会でスキルのブラッシュアップを行います
当スクールでは、定期的に受講生の方に向けて交流会を開催しています。
日々のトレードの問題点などをお互いに出し合い解決に導くことで、より実践的なスキルをブラッシュアップすることが可能です。
また、ご参加頂く事で他の受講生の方との親睦が深まります。

NLPシステムトレーディングとは

スーパートレーディングスクールREEDトレードにおける心理的なワナや、思い込み、負の感情は、誰しもが陥りやすい人間の「本能で」あり、トレードとはこの本能との戦いともいえます。

本能に打ち勝つためには、ただやみくもに戦いに挑んでもまず勝ち目はありません。
まずは戦略を練ることです。そして自分を客観的に見るスキルを手に入れ、意識を持って、正しい目標に向かって行動することです。

NLPトレーディングは、システムトレードをベースに、NLPトレーダーコーチングという心理面に着目したプログラムを取り入れた、弊社独自の受講プログラムです。NLPトレーダーコーチングは、NLP心理学でのモデリングという「成功者を模範する技術」を取り入れています。

つまり、成功者と自分の違いを見極め、成功するための問題を解決していくプロセスの確立を行います。

NLPトレーディングについて詳しく見る


NLPトレーディングでは、心理的要因ならびに自己管理要因となる、深い意識レベルでの自己認識と目標設定を行います。
そして目標達成に欠かすことの出来 ない感情のコントロールを習得していきます。
成功者のモデリングである実践心理学NLPの テクニックを取り入れているため、最適な目標設定が可能となり、その結果、安定したパフォーマンスの確立に繋がっていくことでしょう。

また、システムトレードのノウハウを学んで頂くプログラムも提供しています。そして自己のシステムトレードを確立して頂く為のシステムトレード用検証ソフト『KENSHIRO-225』も提供しています。

これらの知識、技術、ツールすべてを体系的に習得して頂き、自立したシステムトレーダーを育成していくプログラムが、NLPトレーディング なのです。

システムトレードとは

システムトレードとは、効率良く売買ができるかを過去のデータを元に調査し、もっとも条件の良いタイミングで売買を仕掛ける売買方法のことを言います。

通常は「裁量トレード」という、明確なルール決めをせずに 「ニュースで良い情報が出たから」「もうそろそろ売った方がいいかな」 と勘で売買をする方法です。

裁量トレードの場合、ルールが明確になっていないので、調子が良い時は自信満々でトレードに挑みますが、調子が悪くなってくると 「いつ損切りしていいのか分からない」 「ナンピンするべきか?」「このまま塩漬けでいいかぁ…トホ」と、精神的にかなり追い込まれます。

一方、システムトレードの場合、まずは売買する前に調査を行います。
これを業界用語では『検証』と呼んでいます。

まずは過去のデータをもとに、どんなタイミングで売買を繰り返せば、良い結果が出やすいのか? 反対に良くない結果になったのか?ということを検証してみます。

もちろん、あくまでも過去の結果なので、今後もそのルール通りに売買を繰り返せば、100%良い結果が出るとは限りません。
ただ事前調査することで、「可能性の高い方法」を選び、「可能性の低い方法」を回避することができるのです。

 

例えば以下のグラフは弊社で提供している、システムトレード専用の検証ソフト『KENSHIRO-225』を使って、とある条件をもとに検証した損益結果です。

こちらの損益グラフを見て頂くと、右肩上がりに利益が増えているのが分かります。
2007/09/18から運用を開始してから2013/01/23までの間に、約66万円の運用資金が、約517万円になっています。
KENSHIRO-225 運用結果グラフ
【KENSHIRO-225 運用結果グラフ】


単純計算でいくと、約451万円の利益ということになります。
(※実際の運用には所得税、売買手数料などが別途掛かります)

しかも、これは単利(儲かった分を再投資せず、最初に決めた投資金額のみで運用すること)の結果です。
福利(儲かった分を再投資して、どんどん投資金額を増やす方法)の場合、うまく運用できればさらに利益が見込める可能性を秘めています。

運用結果グラフだけを見ると、順調に利益が出せるようにも思いますが、実際のシステムトレードをする上で、重要なことがもう一つあります。

それは『資金管理』です。

例えば、自己資金66万円でトレードを始めたとしても、利益は一本調子で伸びていくわけではありません。
損小利大(損失を小さく、利益を大きく)を繰り返し、利益を積み重ねていくのが、トレードの基本です。

その中では、一旦成績が落ち込む時期もあります。
これを専門用語では「ドローダウン」と呼んでいますが、最初から投資金額を大きくしすぎると、ドローダウンの期間中に自己資金がなくなる、という悲惨な結果になってしまうこともあります。

せっかく可能性の高いタイミングで売買していても、資金がなくなってしまっては、 トレードを続けることができません。
その後、利益があがってきた時に、おあずけをくらって悔しい思いをすることでしょう。

このような事態を回避する為、一時的な損失がきても十分耐えられるように、投資金額を考慮したり、ルールの違う売買方法(システム)をいくつか運用する際、どの売買方法(システム)にどれだけの投資金額を配分するのか…といったことを考慮していくのが、資金管理なのです。

 

 

システムトレードの3大メリット

no1

利益が出る可能性があるかどうかが一目瞭然!

どういう条件で買ってどういう条件で売れば、どれくらいの利益が見込めるのかが、過去のデータを元に一発で調べることができます。反対に、損をする場合はどれくらいのリスクがあるのかも事前に分かるので、売買を始める前にリスクを回避することができます。

no2

資金管理ができるので安心して売買を続けられる!

今の自分の自己資金で、どれくらい投資すればよいのかを明確にすることができます。仮に損失が出たときでも「自己資金がなくなってしまった~」というような事態を未然に防ぐことができるので、安心して売買を続けることができます。

no3

売買時に判断で迷うことがない!

あとは、自分で設定した条件の通りに毎日買ったり売ったりするだけでいいので、いつ買えば(売れば)いいのかな?という悩みから開放されます。

受講者の声


(40代・女性・愛知県)

受講者の声

受講者の声

受講者の声

推奨者の声

フェアトレード株式会社  斉藤正章氏

斉藤正章氏2001年 投資資金100万円弱から株式投資をスタート
2002年 下げ相場でも勝ち続けることの出来る投資手法を開発
2003年~2005年 3年連続で利回り300%超を達成
2006年1月 ¥塾主催の大型セミナー「¥塾投資家祭り」にて、大物投資家ジム・ロジャースと同じ舞台に立つ
2006年7月 株 勝率80%の逆張りシステムトレード術を出版
2008年9月 株 勝率80%の逆張りシステムトレード実践テクニックを出版
2008年12月 かんたん図解 しっかり儲ける 日経225mini入門を出版
2011年 入門 株のシステムトレード 利益が出るロジックのつくり方を出版

マネー誌掲載、日経マネー、ダイヤモンドZAI、ネットマネー等他多数

成功を収めている投資家とそうでない投資家にはどのような差があるのでしょうか。
もちろん、成功を収めるには「勝つために必要な手法(ロジック)」も必要ではありますが、それはほんのひとつの要素に過ぎません。
成功することのできない投資家には、
・難しいことをすぐに諦めてしまい、より簡単なものを探そうとする
・連続して負けが続くとその方法が間違っていると思い込み、すぐに投資法を変える
といった共通点があると思います。

つまり、マーケットにおける利益の増減を長期的な視野でみることができず、短期的なリスクを受け入れることができないために、いつまでも自分の投資スタイルを確立することができないのではないでしょうか。
一方で、成功している投資家は、一旦自分の投資法を確立したあとは簡単にそのルールを曲げるようなことはしません。
少々負けが続くことがあっても、正しいことが(検証によって)確認された投資法を使い、機械のように淡々と売買を繰り返す実行力を持ち合わせているのです。

成功しているトレーダーの共通する方法論を、心理面とスキル(テクニック)の両面からモデリングし、それらを体系化したものを提供する「むらたか式NLPシステムトレーディング」は、悩みを持つ多くの投資家の問題点を解決するだけでなく、利益を継続して挙げ続ける投資家を育てていくことができるはずです。

成功しているシステムトレーダーが長年かけて体得してきた方法論を最短でマスターするために、「むらたか式NLPシステムトレーディング」が非常に大きな力になることは間違いありません。
NLPトレーダーズコーチの第一人者として活躍されている村居氏のノウハウは、悩める投資家の「道しるべ」になるものと確信しています。

テクニカル・アナリスト 鎌田傳氏

鎌田傳氏「魔術師リンダ・ラリーの短期売買入門」の著者ラリー・コナーズ氏の経営するTradingMarkets.comでテクニカル・アナリストを務め、現在、NWTファイナンシャル・グループで「マーケット・レター」を執筆する。
訳書に、「スイングトレード入門 短期トレードを成功に導く最高のテクニック」(パンローリング)、そして電子書籍「トレード成功のヒント - 米国株式市場の習性と特徴」(パンローリング)がある。

アメリカの株式市場には7000以上の個別銘柄、それに1300を超えるETFがある。
もちろん、その全てがトレード対象になるわけではないから、ごまんとある銘柄の中から行けそうなものを選び出す必要がある。

言い換えれば、見込みのない銘柄をどんどん捨てて勝率の高そうな有望な銘柄だけをトレード・リストに残すことが重要だ。

上場されている銘柄数と同様に、世の中には掃いて捨てるほどのトレード・セミナーがある。
言うまでもなく、セミナーを受講する理由はトレードのスキルを向上させ、実際に儲けることのできるトレーダーになることだ。

では、村居氏のセミナーを受講すれば、本当にトレードで成功することが可能になるのだろうか?

村居氏と他のセミナーの決定的な違いは「NLP」だ。
NLP実践心理学の理論をトレード・セミナーに取り入れ、多くのトレーダーを育ててきた氏は、
「感情による悪癖を直さなければトレードでの成功はありえない」、と言う。

要するに、どんなにトレードの知識を頭につめ込んでも、自分の感情をコントロールできなければトレードで勝つことはできない。

投資心理の研究で有名なブレット・スティンバーガー氏は、こう語っている。
「悪い癖を直すためには、先ず自分自身が、その悪い癖を持っていることに気がつかなければならない。そして、その悪癖はどんな弊害を引き起こしていたかを十分に理解する必要もある。」

村居氏のNLPを活用したセミナーに参加することで、あなたは自分が持つ「感情による悪癖」に気がつくことだろう。

更に、「感情による悪癖」がもたらせた弊害も明白となり、村居氏はあなたを心理的な面で大きく成長させてくれることだろう。

よくあるご質問

Q 株の取引は証券会社の担当者を通じて経験はあるのですが、オンライン取引は始めてです。
パソコンはちょっと苦手ですが大丈夫でしょうか?
A 「ちょっと苦手」というところがどれくらいのレベルかは分かりませんが、ネットサーフィン
(インターネット回線を通じ、いろいろなホームページを見て回ること)や、メールの送受信ができれば問題ありません。
Q 会社四季報などの会社情報を元に売買のタイミングを計っていましたので、チャートを使ったテクニカル分析は初めてです。
ロウソク足などの難しい呼び方なども覚えないといけませんか?
A 株式用語には以前からいろいろなものがありますが、特別覚える必要はありません。
そういったものは自然と身についていくものだと思います。英会話と同じで「習うより慣れろ」です。
成功する為に重要なことは他にあることがセミナーを受講頂ければご理解頂けると思います。
Q パソコンは人並み程度に使いこなすことはできますが、株に関してはまったく経験がありませんが問題ないでしょうか?
A ある程度経験されている方に比べれば理解のスピードは遅いという見方もありますが、逆にいうと先入観がない初心者の方程習得が早い場合もあります。
経験の有無はさほど問題ではないと思います。要するにトレーディングに興味を持ち、「楽しむ」ことがポイントです。
Q KENSHIRO-225』をトライアルで2週間試してみました が、どのように使いこなせばよいのか分かりませんでした。
A KENSHIRO-225』はシステムトレードでは必須の「検証」「資金管理」「サイン表示」ができるソフトです。
ご利用頂くにはまず、システムトレードのノウハウを習得して頂く必要があります。
日経225システムトレード・ベーシック講座」では、システムトレードをするにあたっての一通りのスキルを習得して頂けます。
Q 証券会社はどこを使ったらいいですか? お勧めの証券会社はありますか?
A 手数料だけを比較するならば検索エンジンで比較表が出ていますので、そちらで検討できますが、トレーディングスタイルによっても各証券会社のどのツールが使い勝手がよいのかが違ってくると思います。手数料やサービスなどは常に新しく改正されていますので、各証券会社のホームページをご覧になり、ご自信のトレードスタイルにあった証券会社をご検討頂くことをお勧め致します。
Q セミナーを受講したら儲かりますか?
A 「儲かる」という表現はギャンブル的要素(本当に儲かりますか?)が濃いイメージがありますが、セミナーでは儲かるというよりも、損失を最小限に食い止め、コンスタントに利益をあげていく方法を習得して頂いております。手法を学び、条件を組み合わせながらトレードのテクニックを磨くことで、安定した利益の確保が可能になると思います。

ページのトップへ